転職の合間にリゾートバイトってぶっちゃけどうなの?

転職の合間を利用したリゾートバイトのメリットは以下の5つが大きいと思いますが、勤務先や働く期間によっては人生に大きな影響を与えてくれることに出会えるかもしれません。

・ 短期間でまとまった収入
・ 時間の有効活用
・ お金をかけずに(むしろお金を稼ぎながら)リゾート地に長期間滞在
・ 普通に生活していたら触れる事ができなかった経験
・ (もしかしたら)出会い

が、挙げられます。もしタイミングが合うなら是非やっておく事をオススメします。

しかし、その前に注意しておいた方がいい事もあるので、大きく4つに絞って説明していきます。

 

転職の合間にリゾバをするにあたって知っておいたほうがいいこと

最終的に「転職をする」のであれば、契約期間には注意が必要です。

いきなり生々しい話ですが、転職活動の際に「前の会社を辞めた理由と今までの期間に何をしていたか?」という点は間違いなく聞かれると思っておいた方が良いでしょう。

履歴書上、アルバイト期間は無職期間と同じ扱いにされるのが一般的。

その期間が長くなればなるほど、フリーター扱いをされる確率が高くなります。

目安としては3ヶ月〜6ヶ月程度が限界。

それ以上に長いフリーター期間があると、どうしても書類選考の段階で不利に動く可能性が高くなります。

採用する側も良い人材を確保するために必死になっていますので、最終的に転職をしたいのであれば不利な判断材料は極力作らないようにしておく必要があります。

有休消化期間のリゾートバイトには注意!

また、忘れがちな点が「有休消化期間」の問題です。

前職を円満に退社し、転職先も決定。合間の期間でリゾートバイトを満喫…と思っていたら、その期間が前職の有休消化期間を重なる事があります。

一見問題は無さそうに見えますが、これは二重雇用契約になるためトラブルの原因に発展することもあります。

場合によっては、副業禁止(契約期間中のアルバイト禁止)に該当し、退職金の支払いが取り消しになるケースもあるので、よく確認しておいた方がいいでしょう。

さらに、リゾートバイトは住み込みで働く事が前提になります。

そのため職安に定期的に通う事が難しく、失業保険を貰うつもりがあるなら移動距離と時間の問題があり、現実的に難しいでしょう。

 

リゾートバイト中に就職活動はできるのか?

最近ではスマホやwi-fi接続ができるパソコンが普及し、どこにいても仕事の情報を得られるので「可能」だと言えます。

転職マッチングサイトなどを活用すれば、終業後の自由時間を使って仕事を探す事ができます。

中には書類選考や面接無しでマッチングしてくれる転職支援サイトもあるので、うまく活用すればリゾートバイト中でも希望に合せた転職先を見つけることができるでしょう。

ただし、勤務時間中にスマホをいじって転職先を探したり、良い求人が見つかったからと言って契約期間途中で辞めること厳禁です。

こっちとしては転職先が見つかるまでの繋ぎのバイトかもしれませんが、雇用側は給与を払い戦力としてカウントしています。

特に人手が足りなくなる繁忙期の途中で辞められたら痛手になるだけでなく、重大な契約違反にもつながります。

ちょっと面白い転職活動をしていた人で、リゾートバイトをしながら自分が住みたい地域を探している人がいました。

色々な地域で働きながら暮らせるのはリゾートバイトの特徴の一つ。

それを有効活用して、働きながら気に入った土地で住む家と就職先を探し、自分の生活を一から作ろうとしているタイプの人です。

 

転職先が決まってからリゾートバイトに参加したほうがいいのか?

どちらが良いかと聞かれたら「断然、転職先を決めてからリゾートバイトに参加した方が良い」です。

一番の理由は契約期間の問題ですが、長すぎるフリーター期間は経歴にも影響が出ますし、周囲の理解にも影響が出ます。

これはそのまま「信用度」に直結します。

信用度が低い人は転職活動に不利になるだけではありません。

後々になって「クレジットカードの審査に落ちた」「アパートの契約で断られた」「銀行でローンが組めない」などに繋がります。

転職に関わる人事担当の話では「無職期間が長くても人柄がよく理由がはっきりしていれば採用でマイナス評価をすることはない」という意見もありますが、プラスに働くことはまずありません。

厳しい意見ですが、他の人が持っていない特別な資格や知識がない人、先述のような住みたい土地を探している…という、明確な目標がない人は、先に転職先を決めて次の就職先の勤務開始日までの繋ぎでリゾートバイトに参加する方がよいでしょう。

 

実際にやってみてどうだったのか?

自分も転職の繋ぎとしてスキー場のリゾートバイトに参加しましたが、先に次の就職先を決めてからの参加でした。

>>【長野県・栂池高原】転職のつなぎにリゾートバイト!スキー場のリフトマンで3ヶ月!の体験談

実体験での意見としては、転職までの期間に一定の収入を得て貯金ができた点と、趣味のスノボ三昧の生活が送れたのは大きなメリットだったと言えます。

次の仕事も決まっていたので契約終了後の計画も立てやすく、気持ちに余裕があったのも良かった点ですね。

地元に残って適当にアルバイトをしていても良かったし、むしろ楽だったのでは…と思う点も多々ありましたが、結果的に普段できない経験を出来た点も良かったと言えます。

出会いも無かったわけではありませんが、長く続く方とのご縁ではありませんでした…と余談にて。

 

さいごに

一概に「次の就職先を決めないでリゾートバイトに参加する事がNG」とは言えませんが、最終的に一般的な企業への転職を考えている人の場合、無計画にリゾートバイトに参加しない方が良いでしょう。

働き方が多様化して来ているとは言え、年齢を重ねるごとに転職先の選択肢は減ってしまうのが現実問題です。

転職先が見つかっていない状態で参加する場合「契約期間」と「転職先を探す方法」だけは決めておくことを強くオススメします。