沖縄や離島で働ける!リゾートバイトのナイトワークとは?

リゾートバイト のナイトワークってどういった場所で働くの?

「リゾバ」ではなく「リゾキャバ」と呼ばれる仕事をご存知でしょうか?

これは、主に離島のキャバクラで働くキャバ嬢の事。総じて「リゾート地で働くナイトワークスタッフ」を意味します。

沖縄の求人が特に多いような気がします。あとは八丈島などなど。

リゾート地で働くという点では、一般的なリゾバスタッフと大きな違いはありません。

働く場所もリゾート地や離島である事以外は通常のナイトワークと同じです。

では、何故わざわざ離島まで行ってナイトワークをするのか?

そこには都市部のナイトワークと違った魅力やメリットがたくさんあるからです。

しかし”離島”と聞くと

「そんな所でナイトワークの仕事あるの?」

「場末のスナックとかじゃないの?」

とネガティブなイメージが先行してしまいがちですが、そんな事はありません。

 

リゾートバイトのナイトワークで求人が多いのは以下の2つ。

1) 地元の人向けのナイトスポット

地元の社長や若いお兄ちゃん達が集まるお店で働きます。

都市部から来た若い女性は人気が出る傾向なので(地元に若い女性がいない。いても昔からの知り合い…等の理由)アットホームな雰囲気で返って働きやすい環境だと言えます。

また、常連客も多く昔からお店に馴染んでいる人達が大半なので生活面でも色々アドバイスをしてくれたりします。

2) 富裕層向けの高級ホテルのラウンジ

通常のナイトワークでは経験できないセレブな環境で働くことができます。

その分、会社側から求められる事も多いですが(接客スキルや身だしなみ等)その分、給与面でも好条件になります。

また、普段はお目にかかれない有名人に会えちゃう…なんて事も実際にあるようです。(特に沖縄はプロ野球選手がキャンプに訪れるので、出会いのチャンスも!?)

確かに生活環境面では、都市部の繁華街に比べれば華やかさは足りないかもしれませんが、

それ以上に田舎町ならではのゆったりした雰囲気があったり、オフの日には生活圏内にあるリゾート地を満喫できる…など、メリットもたくさんあります。

 

ナイトワークって何?

「ナイトワーク」と呼ばれる仕事にも種類があります。

ここではリゾートバイトで求人が多い「カウンターレディ」と「フロアレディ」について説明していきます。

1) カウンターレディとは?

文字通りカウンター越しに接客する形式で、スナックやガールズバーがこれに当たります。

仕事内容は一般的なバーと同様。お酒や軽食を作りお客様に提供でそれ以上は行えません(風営法の規制)

この時に、お客様に合わせた楽しい会話やリラックスした雰囲気を演出する事がカウンターレディとしての腕の見せ所。

お店によっては、可愛い制服を着て店の雰囲気を演出したり、時にはイベントを行ってお客様を飽きさせないように工夫をします。

カウンター越しの接客になるので、セクハラ等の心配をそれほどしなくても良いので、ナイトワーク初心者にはオススメです。

2) フロアレディとは?

お客様の隣に座りお酒を作ったり、会話をしながら接客をする仕事で、キャバクラやラウンジと呼ばれる店舗で働く事になります。

カウンター内に立ち入る事は少ないので、調理や洗い物の仕事をする事は基本的にありませんが、その分、1人(もしくは1組)のお客様と密に接する事になります。

そのため、カウンターレディよりもトークやマナー面で高い接客スキルが必要になります。

また、泥酔客からのセクハラや執拗なアフターの誘いなども全くないとは言えません。

不要なお誘いはスマートに断る…というスキルもあって損はありません。

 

ナイトワークの仕事内容は?

共通している点は「お酒を提供する」「楽しい会話を提供する」の2点。

ガールズバーもキャバクラも基本的には女の子とお喋りをしながらお酒を飲み気分転換をする所です。

稀に一人でゆっくりお酒を飲みたい…というお客様がいますが、その場合は必要以上に話しかけず、お客様のペースに合わせた会話の量があるので臨機応変に対応します。

仕事内容的には都市部と大きな違いはありませんが、接客以外の清掃作業や洗い物、買い出し等の雑務は多い傾向です。

都市部の店舗の場合、ホール専属の男性スタッフがいたりキャッシャーは別にいたりしますが、離島の店舗の場合は兼任する事も多々あります。

少ないスタッフでお店を回さないといけないため、一人当たりの仕事量は増えるのは仕方ない事ですが、逆に手が回らないときはフォローしあえる環境だと言えるでしょう。

 

ナイトワークの仕事は派遣会社ヒューマニックが取り扱っている

ナイトワークの仕事の探し方ですが、ネットで「行ってみたい場所+ナイトワーク+求人」で検索すれば出てきます。

なので、ネットで調べて行ってみたいお店に直接連絡してみてもいいでしょう。

しかし、僕が一番おすすめするのは派遣会社を通すことです。

ちなみに、ナイトワークを扱っているリゾートバイトの派遣会社はヒューマニックがあります。

>>ヒューマニックでナイトワークの求人を探してみる

派遣会社を通せば労働時間、残業代は絶対に守られる。トラブルが起きたら派遣会社に相談して間に入ってもらうことができる。

派遣会社から派遣されたスタッフは、派遣会社に所属しています。

なので、時間外労働などのいわゆるブラックバイトのような扱いは絶対にされません。

というのも、そんなことしてしまったら派遣会社からアルバイトを二度と派遣してもらえなくなっちゃいますよね?

派遣会社を通すということは自分の身を派遣会社が守ってくれるという意味にもなると考えてください。

何かしらトラブルが起きたらすぐに派遣会社に相談しましょう。あとは派遣会社が全て話をまとめてくれるので、面倒なトラブルに巻き込まれずに済みます。

直接契約の場合は何かしらトラブルが起きた場合に全て自分で解決しなければならない

直接契約の場合は、完全に働いている職場の経営者によりますね。

仮に残業代が全く出なかったりなどのトラブルが起きても全て自分で解決する必要があります。

>>【リゾートバイト】直接雇用と派遣会社。どちらがいいの?

どういう人におすすめか?

接客業が好きで、田舎暮らしに憧れている…というタイプの女性にはオススメの仕事です。

ナイトワーク経験者なら積極的に採用されやすく、業務内容的にも都市部のナイトワークと大きな差はないので、スムーズに仕事を始められます。

もちろん、ナイトワークなので日中の時間は確実に自由時間。

海で遊ぶも良し、絶景を眺めに行くも良し、都会の喧騒を離れてのんびりするのも悪くありません。

またリゾート地のナイトワークの場合、都市部の同業種にありがちな「ノルマ」や「罰金」などが無く、働きやすい環境の店がほとんどです。

その分、給与面は低くなりがちですが、トータルで考えると都市部にいるよりよっぽど働きやすいし貯金もできる…と、

出稼ぎを兼ねた気分転換のつもりで離島のリゾキャバに来たものの、そのまま移住してしまった…という人もいるほどです。

他のリゾバと共通になりますが、生活費がかからない上に一定期間働けば赴任にかかる交通費も全額支給になるお店が多い点はメリットになるでしょう。

そのため、お金をかけずにリゾート地で働きながら生活をすることができるので、転職の合間の息抜きにもオススメです。

>>ヒューマニックでナイトワークの求人を探してみる