【山梨県・甲府】大学の夏休みに2週間のリゾートバイト!の体験談

今回、寄稿していただいた方は大学時代に4ヶ所でリゾートバイトの体験をした尾崎花音さん。

尾崎さんは色々な経験をしてみたい!という理由から、そのうちの1つとしてリゾートバイトに参加したとのこと。

仕事を探す際にはアプリ(はたらくどっとこむ)を利用したそうです。

この記事では4ヶ所で働いたうちの1ヶ所である山梨県甲府市の郊外でのリゾートバイトの体験談について書いていただきました。

この山梨県での仕事は約2週間。リゾートバイトってこんな短期間のバイトでもできるんですねぇ・・・

このお話は2015年8月の時のものです。

>>アプリ(はたらくどっとこむ)の公式ページはこちら

大学時代に「色々な経験をしてみたい!」と思っていた。しかし、お金がない。

大学時代にいろんな経験をしてみたいという思いがあって、その経験のひとつとしてリゾートバイトをしてみようと思いました。

また、わたしは旅行が好きなのですが、お盆休みや年末年始には、飛行機のチケット代やバスや新幹線などの交通費も宿泊費も高くつくことが多く、せっかくの休みなのにお金がなくて旅行にいけないことがつらかったんです。

でも、リゾートバイトなら、交通費も出ますし、宿泊費もただ。おまけに温泉も入れますし、食費も浮くことが多いんです。

お金を稼ぎながら旅行もできるリゾートバイトに魅力を感じて、旅行代金が高い期間にはリゾートバイトをすることを選びました。

 

以前、利用したことがあるアプリ(はたらくどっとこむ)で仕事を探すことに!

リゾートバイトは以前にも経験したことがあり、そのときに御世話になったアプリ(はたらくどっとこむ)に場所を提案してもらうことにしました。

リゾートバイトの場所の登録が一番多いのはヒューマニックというところのようなのですが、登録されている場所が多すぎて優柔不断な私は決めることができませんでした。

一方、「アプリ」は私にとっては行きたい場所を探しやすかったです。

理由は、希望を伝えれば、温泉ありや個室、食費無料などの希望に沿って場所をすぐにいくつか提案してくれたから。

また、その仕事場の人間関係も気にしてくださるところもよかったですね。

>>アプリ(はたらくどっとこむ)の公式ページはこちら

>>ヒューマニックの公式ページはこちら

リゾートバイトが始まるまでに準備したこと

仕事に専念できる環境を整えておく

一番大切なことは、長期間地元を離れるための環境を整えておくことです。

たとえば、学校の課題を残したまま行ったりしてしまうと、後で大変なことになったりするのでやるべきことのやり残しがないようにしないといけません。

私は全部ほったらかしで行ってしまったので、現地で冷や汗をかく羽目になりました。

現地の気候にあった服

また、その場所の気候に沿った服の用意です。たとえば、北海道や沖縄などの南の島では本州と全く気候が違うことがあります。

なので、本州と同じ感覚で行くと寒すぎたり暑すぎたりすることがあるんですね。日本海側と太平洋側でも気候が違うことがあります。

それから、その場所に常備されていない洗剤やハンガーなどの準備も必要です。職場の設備に何があって何がないのかはきちんと確認しておいたほうがいいでしょう。

近くにスーパーなどがあれば行ってから買えばいいかもしれませんが、スーパーなどがない場合、非常に不便な生活を強いられることになってしまいます。

現地での観光計画

観光メインでいくなら、もちろんどんなところを観光したいのかも計画を立てておかないといけません。

そのための休み希望も事前にリゾートバイトの会社に伝えておく必要がありますよ!

 

仕事を決める際に聞いておいた方がいいこと

ネット環境、近くにコンビニやスーパーがあるか、市街地が近いか、休みの日や空いた時間に遊べるところはあるか、交通の便はよいか、部屋はきれいか、などは聞いておいたほうがいいです。

リゾートバイトは、とても山奥だったり、田舎だったりすることがあるので、ネットがつながりにくいということが多々あります。

ネットがつながりにくい場合のために携帯ゲーム機や本なども持っていくといいです。

また、ネットがつながる場合でも長期間のリゾートバイトですと、データ容量が一杯になってしまって低速にかかってしまうこともあります。なので、Wi-Fiの有無も確認しておいたほうがいかもしれません。

 

2週間で約9万円の貯金ができた!

2週間で約9万円の貯金ができました。時給は1000円。残業代は時給×1.2。大きなホテルだったので、自分の業務が終わっても、別のところが終わっていなければ手伝いに行っていました。

お客さんが多いと片付けるお皿の数も増えてしまうので、お客さんの数によっては残業になることもありました。

 

仕事内容。それから勤務地。

山梨県甲府市の大きなホテルで働きました。バイキング形式の朝食の準備が主な仕事。

結婚式の新郎新婦入場の際のゲートオープンやウェルカムドリンクの配布。パーティーの際の料理配膳と下膳も行いました。

海外からのお客さんも多く、簡単な英語を少し話したりもできました。毎日いろんなお客さんがいらっしゃり、部屋も多く、毎日少しずつ仕事が変わるので、大変でしたが、毎日が楽しかったです。

大まかな1日の流れ

5:00 起床 化粧と着替え
5:30 朝食
6:00 朝食の勤務開始
10:00 朝食の勤務終了
12:00 昼食
散歩

15:00 夕食の勤務開始
21:30 夕食の勤務終了(間に夕食休憩あり)
22:00 入浴
23:00 就寝

働いた場所は、山梨県の郊外だったので、観光はあまりできませんでした。しかし、まかないがホテルのシェフが作ってくださるものなので、毎日の食事がおいしく、幸せでした。

また、宿泊場所もホテルが契約しているコテージのようなところ。相部屋ではありましたが、一人で使うときもあったので、広い部屋で過ごすことができました。

帰りの夜行バスの前日に今回のリゾートバイトの仕事が終了。夜行バスに乗るまでの時間で山梨観光することができました。

>>アプリ(はたらくどっとこむ)の公式ページはこちら